雛人形は静岡県焼津市の北村人形|「石川潤平工房特約店」、「雛人形専門店」、「五月人形専門店」、「全日本人形専門店チェーン」、「日本人形協会加盟店」。

静岡・焼津にある人形店。おひなさま、五月人形、木目込みまり、つるし雛の北村人形です

お問合せ 054-622-0435 メールフォームはこちら 北村人形 プリンセスミネンコ作品集

店内展示場

HOME > 五月人形 > 五月人形「石川潤平作」
 

より上質な五月人形を
石川潤平工房
「おぼこ大将」

 知育雛  総手書彩色
潤平作 J-1

お雛さまコーナー



五月人形の北村人形オリジナル
  知育雛 
とは、飾りながら学ぶ親子のふれあいと
心の教養を身につけることのできる物語のあるお雛様の
ことです。お子様に優しく語りながらお飾りください。
■ J-1 総手書彩色 「宙」
総手描き彩色「関ヶ原合戦物語
絵師は、静岡ふるさと雛を描いた、若き竹垣諒。
子供の頃から、こんな歴史絵を目で見ながら
飾りながら学び、親子の触れ合いと
心の教養を身につけることができるのです。
まさに、五月飾りの「知育雛」なのです。

■おぼこ大将を前から見ると、前へと突き進
む「勝ち虫」と呼ばれるオニヤンマ、
自然の中で力強い生命力の「オモダカ」

■そして、美しいカワセミと菖蒲の花
自然の草花や生き物が色鮮やかに
描かれています。
■そして、日本人のおくゆかさを感じるところ
それは後ろ姿に秘密が・・・ぐるっと、大将を
まわしてみると「うわ!凄い」

■関ヶ原の合戦をこの目で見るかのように・・・
そこには、徳川家康公と
対峙する西軍の石田
三成公が、まさに合い交える瞬間を息を呑む
ほど鮮明に描かれているのです。

潤平作 J-2

お雛さまコーナー

■ J-2 「宙」おぼこ大将
手書き「枠目は、生き生きとした表情を
かもしだしています。
お子様に似た可愛い木目込み人形は、芸術作品を
お節句に飾れるように創作いたしました。

お雛様のアフターケアーについて・・・
お雛様のアフターケアーはご安心ください。
石川潤平工房では、お買い上げくださいましたお雛様
すべて工房内で制作しておりますので、お雛様のお顔
や手などに傷つけたり汚しもご安心ください。
思い出のあるお雛様を大切に修理させていただきます。
んでもご相談くださいませ。

可愛いお顔に優しい目、兜を被って前を
見つめる横顔は凛として

■↑見つめる眼差しも、ちょっぴり
おにいちゃんのよう。


潤平作 J-3 

お雛さまコーナー

■ J-3 超特大おぼこ大将



おぼこ大将の中で一番大きなサイズ
迫力のある、その姿に圧倒されます。
笹目(笹目技法)とは・・・薄墨を重ねて濃淡をつけ
ながら片目で50本以上の筆をいれ、瞳を表現する
ことによって、目に奥行きとやさしさがうまれます。
また、見る角度によってさまざまな表情が楽しめます。
(サイズ75×40×40)

■切れ長の目、50本以上の筆を重ね
描かれた笹目技法です。 


↑見つめる眼差しも、ちょっぴり
おにいちゃんのよう。


潤平作 J-4 

お雛さまコーナー

■ J-4 「響き 大」


潤平工房の代表作「おぼこ大将」
涼しげな目「笹目技法」・・・
見る角度によって様々な表情が楽しめます。
(サイズ45×32×48)

可愛いお顔に優しい目、小さな口・・・
■↑凛々しいお顔

潤平作 J-5

お雛さまコーナー

■J-5 「響き 小」 
大人気の飾り方「逸品飾り」・・・
人形以外にコストをかけずに、空間の美をも
利用して、人形の存在感を醸し出すことが
できます。

■凛々しい姿


■↑颯爽と泳ぐ鯉のぼりも一緒です


 知育雛  純金箔盛上彩色
潤平作 J-6 

お雛さまコーナー

 知育雛 

■ J-6 金彩盛上「響き 小」



純金箔盛上彩色の見事な技術・・・
伝統的な素材の胡粉を筆で高く盛り上げ、漆を塗り
その上に純金箔をのせます。最後に美しい色で
彩色して完成です。

知育雛とは、飾りながら学ぶ親子のふれあいと心の教養を
身につけることのできる物語のあるお雛様のことです。
お子様に優しく語りながらお飾りください。







■見事な純金箔盛上彩色の絵柄 


■↑前・横・後ろと見えないところにも
描かれています。


■見えない後ろ姿に、あっ!と驚く 


存在感いっぱい!


 知育雛  純金箔盛上彩色
潤平作 J-7

お雛さまコーナー

 知育雛 
■J-7 
純金箔盛上彩色「誉」
 


伝統的な素材の胡粉を筆で高く盛上げ、
乾いたら漆を塗ります。漆が乾ききらな
い絶妙のタイミングで純金箔を載せま
す。最後に絵の具で彩色して完成。


なんて可愛いお顔でしょう!

後姿が凄いんです!
見事な彩色が描かれています。

潤平作 J-8

お雛さまコーナー

■ J-8 「誉」 
大人気の飾り方「逸品飾り」・・・
人形以外にコストをかけずに、空間の美をも
利用して、人形の存在感を醸し出すことが
できます。
ふっくらしたお顔、可愛い手
じっと前を見つめる瞳・・・
兜もすべて木目込みでできています。



■軍配を持つ、ふくよかな手
■↑ふふふふ、可愛い

 知育雛  純金箔盛上彩色
潤平作 J-9

お雛さまコーナー

 知育雛 
■ J-9
 純金箔盛上彩色「倭」         


総木目込 純金箔盛上彩色・・・ 
伝統的な素材の胡粉を筆で高く盛上げ、
乾いたら漆を塗ります。漆が乾ききらな
い絶妙のタイミングで純金箔を載せま
す。最後に絵の具で彩色して完成。


■なんて可愛いお顔でしょう!

■見事な彩色が描かれています。

■後ろには鷹が描かれています

■見事な彩色が描かれています。

潤平作 J-10

お雛さまコーナー

■ J-10 「倭」

ケース飾り・・・
六角ケースの内側は鏡になっていますので
おぼこ大将の後・斜め・横姿を見ることができます。
石川潤平作品は、歴代のアメリカ
合衆国大統領に贈られ、愛好され
ている価値のある作品です。


笹目技法が際立つ、最高傑作のおぼこ大将。
↑ 盛上彩色が美しい、後ろ姿。



石川潤平作の可愛い小さな小さな

 おぼこ大将 座大将 

◆卓越した存在感の五月人形
小さくて可愛らしくて、なのに存在感が
あるって、どういうこと・・・
それほど、魅力があるんです。 →新おぼこ大将 座大将

お雛さまコーナー
■↑石川潤平作  「新おぼこ豆大将」
↑小さな、おぼこ大将。でも存在感のある
お人形です。

■↑石川潤平作
  学び天神「雅」
■黒の衣装が落ち着いています
書き目の筆使いが生きています。

衣装着天神様「石川泰大作」

■石川泰大作 
京七番 学び天神
 
 
■書き髭の天神様
■石川泰大作
京九番 学び天神

■黒の衣装が凛々しい

■石川泰大作
 京十番 学び天神

■天神様と紅白梅
 

石川潤平、今年も来る!
「実演日のご案内」


↑H29 1月14日の実演風景

《石川潤平工房の実演のご案内》
◆H30 1月6・7日(土・日)
  絵師/ 竹垣 諒
◆H30 2月4.5日(土・日)
  二代目/石川潤平
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H28 12月4・5日(土・日)   終了  
  絵師  竹垣 諒 (10:30~17:00)
H29  1月14・15日(土・日)  終了
  二代目 石川潤平(11:00~17:00)
    2月4・5日(土・日)   終了  
 やすひろ(三代目) (10:30~17:00)
■↑石川潤平継承工房 二代目石川潤平
  

■パパも潤平先生に教えていただき
ながら、頑張ってます。
■パパ、ママも先生と一緒に
共同作業です。

■みんな、温かいほっとな
素敵な
ご家族さまです。
■おじいちゃまもパパも一生に
一度の思い出ができました。
■↑やすひろ(潤平、三代目)
H29 2月4・5日実演当日
■↑やすひろ(潤平、三代目)
■やすひろ(潤平、三代目)
お客さまが思わず息を止めて
しまうほど・・・

■↑お顔の生え際「毛書き」
初代潤平から「ゆっくり、ゆっくり
丁寧に書き
なさい」それを守り、
一本一本丁寧に描いている、と
伺いました。

■やすひろ(潤平、三代目)
実演終了後、やすひろ氏が作った
作品の想いを伺った。

■若き人形師の人形作りの
想いを伺った。

■↑絵師 竹垣 諒
H28 12月3・4日実演当日

■こんな気持ちをこめて
書き上げていますと、説明

■お客様が絶えません。
■ひと筆ひと筆丁寧に
書き上げていきます。

ページトップ